産業機器部品の難題(設計と調達のジレンマ)を、寄り添いながら実現させる。産業機器部品の難題(設計と調達のジレンマ)を、寄り添いながら実現させる。MC、旋盤、レーザー、溶接

VA/VE

鋳造加工

鋳造の特徴をおしえてください。

矢印

鋳造加工の特徴と材料

加工法概要特徴

切削加工

切削工具を使用して素材を切ったり削ったりして成形する
  • 複雑な形状の加工ができる
  • 高精度な加工ができる
  • 多品種少量生産に対応できる
  • 幅広い金属材料に適応可能
プレス加工対になった金型の間に挟んだ素材に強い力を加えることで成形する
  • 加工速度が速い
  • 製造コストが低い
  • 薄肉化が可能
  • 形状の自由度が低い
溶接加工2つ以上の部材に熱や力を加えて溶融、一体化させて成形する
  • 製作費が安価にできる
  • 工数の節減が可能
  • 変形、膨張収縮、残留応力により破壊することがある
粉末冶金金属粉末を金型に入れて、圧縮成形し、溶接点以下の温度で加熱焼結して整形する
  • 精度が高く機械加工が省略できる
  • 大量生産が可能
  • 高融点、難加工材料にも対応できる
  • 大型形状の製造は難しい
鍛造加工素材に打撃・加圧などの機械的な力を加えて形成する
  • メタルフローが得られ強度が向上する
  • 素材が緻密で欠陥がない
  • 機械加工が省略、節減できる
鋳造加工溶解した金属を型に注入して、冷却・凝固させて整形する
  • 形状と大きさの自由度が高い
  • 幅広い金属材質に対応できる
  • 1個や数万個でも同じものができる。

 

よくあるご質問を投稿
お問い合わせはお気軽に!